記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シカゴ・タイプライター】あらすじ・ドラマ概要・予告動画

◆シカゴ・タジャギ(シカゴ・タイプライター)
シカゴ・タイプライター/シカゴ・タジャギ/시카고 타자기/Chicago Typewriter

tvN 金土ドラマ 20:00~




あらすじ
スランプに陥ったベストセラー作家のセジュ、セジュのゴーストライターのチノ、そして以前はセジュの熱烈なファンであったが今はアンチファンに変わった文人オタクのチョンソルの男女3人と、謎の古いタイプライターがからんで展開するアンティーク・ロマンス。

日本統治時代の1930年代を熾烈に生きた文人たちが、現世に、それぞれスランプに陥ったベストセラー作家(ユ・アイン)、彼の名前の裏で代筆するゴーストライター(コ・ギョンピョ)、ミザリーよりも恐ろしいアンチファン(イム・スジョン)として生まれ変わることから繰り広げられるストーリーを描くファンタジーヒューマンラブコメディ

【監督】キム・チョルギュ
【脚本】チン・スワン
【出演】ユ・アイン、イム・スジョン、コ・キョンピョ、クァク・シヤン、チョ・ウジン
【話数】16話
【制作会社】

<韓国>
【放送局】tVN
【放送日】2016年4月7日~
【視聴率】平均視聴率 、最高視聴率、 最低視聴率
【公式ホームページ】https://www.facebook.com/tvnchicagotypewriter


<日本>
【放送局】
【放送日】
【公式ホームページ】
【ティーザー】




ユ・アイン(유아인)
韓流スター並の人気を博している大物ベストセラー作家ハン・セジュ役



コ・ギョンピョ(고경표)
ハン・セジュの名前の裏に隠れて代筆する謎のゴーストライター、ユ・ジンオ役



イム・スジョン(임수정)
ハン・セジュの熱血ファンから執念深いアンチファンに変わってしまったヒロイン、チョン・ソル役
















【各話ごとのあらすじ】
第1話
予告動画





あらすじ


第2話
予告動画


あらすじ
チョン・ソル(イム・スジョン) はストーカーのために腕を痛めたハン・セジュ(ユ・アイン) の代わりに、新作の草稿をタイピングした。

その瞬間、2人の前世ヘストーリーが移った。1930年代にもチョン・ソルは手を怪我したハン・セジュの代わりにタイプライターで原稿を打った。

ハン・セジュは新聞に原稿を載せるため、自転車に乗って走ったが倒れてしまった。この時、笑いながらチョン・ソルが登場し、ハン・セジュは「走って! 10分後に輪転機が回る」と、原稿を彼女に渡した。

しかし、チョン・ソルは新聞社の反対側に向かい、「言ったじゃない。偉大な文を書いてと。そんな三流小説が新聞に載るのは、紙面の無駄使いだよ」と指摘した。


第3話
予告動画



あらすじ
ハン・セジュ(ユ・アイン) はユ・ジノ(コ・ギョンピョ) に会って1930年代の京城に戻った。

ハン・セジュは自身が書いた覚えのない小説「シカゴ・タイプライター」のせいで混乱した。その時、ユ・ジノが「おい、友よ」とハン・セジュを呼んだ。ユ・ジノはハン・セジュをソ・フィヨンと呼んだ。そしてマッチに火をつけ、ハン・セジュを1930年代に連れて行った。

誰かに追われていたチョン・ソル(イム・スジョン) はハン・セジュの手首をつかんで一緒に逃げた。路地でチョン・ソルはハン・セジュに「祖国の役にも立たない小説を書くなら、こうやってでも祖国の役に立つことをしてみなさい」と言い、ハン・セジュにキスをした。ハン・セジュは慌て、チョン・ソルは「祖国のためにえらいことをしたね」と笑いながら話した。


第4話
予告動画





あらすじ
ハン・セジュ(ユ・アイン) とチョン・ソル(イム・スジョン) のツーショットが報道された。

ペク・ドハ(チョン・ホジン) の妻であるホン・ソヒ(チョ・ギョンスク) がそそのかした記者が、わざと悪意的な記事を出したのだ。

記事はチョン・ソルがセジュの恋人あるいはゴーストライターかもしれないと伝えながらセジュの名声に傷をつけた。

しかしセジュはこのようなことは一度や二度ではないと平然とした態度を見せ、視線を引きつけた。

第5話
予告動画


あらすじ
カル・ジソク(チョ・ウジン) はチョン・ソル(イム・スジョン) にソン記者を告訴しようと説得した。

ソン記者はチョン・ソルとハン・セジュ(ユ・アイン) の熱愛説を報道した人物。チョン・ソルは彼の言葉に興味を示した。

しかしその時ハン・セジュが登場した。彼は「訴訟をしないで。僕の人生に入り込むな」と怒りを見せた。

チョン・ソルはハン・セジュに「まだ愛情があるからだ」と話し、ハン・セジュは「二度と僕の前に現れるな。君と絡んでからいいことが一つもない。僕を助けようと考えないで、知らないふりをしろ」と話した。

第6話
予告動画



あらすじ
ジノはハン・セジュ(ユ・アイン) に「本当に幽霊だ。80年間あそこに閉じ込められていた幽霊だ」と言い、シカゴ・タイプライターを指差した。

セジュはジノが幽霊であることに驚き気絶。意識を取り戻した後は、ジノを避けるようになった。セジュは悲鳴を上げながらジノを拒否したが、ジノはセジュにしつこく付きまとうのだった。


第7話 
予告動画


あらすじ
ハン・セジュ(ユ・アイン) がペク・テミン(クァク・シヤン) の前でチョン・ソル(イム・スジョン) を無理やり連れてくる。

チョン・ソルはセジュのこのような行動が理解できず、「なぜ私にこんなことをするの?」と声を上げた。するとセジュは「チョン・ソルさんを見ていると、僕の心臓が跳ねる」と告白した。

チョン・ソルは驚いたが、セジュは「それがチョン・ソルさんのためなのか、とても昔に知っていたある人のためなのか紛らわしい。その人の顔が被って見えて、混乱する」と打ち明けた。

しかし、この告白はチョン・ソルを怒らせてしまった。チョン・ソルは「だから、似たものを代わりにしているということなのね?何よ、この失礼な話!」と言い、背を向けた。

セジュはチョン・ソルがなぜ怒ったか分からなかった。すべてを見守っていたユ・ジノ(コ・ギョンピョ) は「作家さんは恋愛をしたことがないですか?」と言いながら首を振り、笑いを誘った。

第8話
予告動画



あらすじ
ユ・アインとイム・スジョンのハグシーン。

切ない心を分かち合う場面だけに、二人は撮影の前に真剣に台詞を合わせた。

続いて実際の撮影に入り、イム・スジョンは号泣しながら感情演技を披露した。そんな彼女を抱きしめるユ・アイン。この場面は第8話のエンディングを飾り、視聴者の心を鷲づかみにした。

しかし、この美しい場面に隠された物語があった。ユ・アインが少し脚を曲げてハグしていたのだ。二人の演技に配慮のある脚まで加わり、名場面が誕生し、視線を集めた

第9話
予告動画



あらすじ


第10話
予告動画


あらすじ

第11話
予告動画

あらすじ

第12話
予告動画

あらすじ


第13話
予告動画


あらすじ


第14話
予告動画


あらすじ



第15話
予告動画


あらすじ


第16話 最終回・最終話
予告動画


あらすじ


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

asiatv

Author:asiatv
韓国ドラマ・中国ドラマを紹介していきます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外ドラマ
72位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

お得情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。