記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【推理の女王】あらすじ・ドラマ概要・予告動画

チュリエ・ヨワン(推理の女王)
추리의 여왕

■テレビ局:KBS2
■放送開始日:2017年4月5日(水)放送予定
■放送日&時間:(水・木)午後10:00~
■出演:チェ・カンヒ、クォン・サンウ、パク・チュングム、キム・ミンジェ、チョン・スジン

生活密着型の“推理クイーン”ソルオクとハードボイルド“熱血刑事”ワンスンのコンビが相乗効果を生み出し、迷宮入りした事件を解決する過程を通じて犯罪で傷ついた人々の心を慰めるヒューマン推理ドラマ





【各話ごとのあらすじ】
第1話
予告動画

あらすじ
平凡な主婦ユ・ソルオクは超能力に目覚めた。駄菓子屋で商品がなくなる原因を突き止めたのだ。これを見ていた村のホン所長(イ・ウォングン) はユ・ソルオクを高く評価した。

2人は一緒に村の事件を解決していった。ユ・ソルオクは自身の名前はもちろん、住所も電話番号も教えず推理だけに夢中になった。2人は市場での保管箱の中身の窃盗事件を把握するために乗り出した。

ユ・ソルオクはさまざまな証拠を挙げ「これは単純な犯罪じゃない。麻薬事件だ。組織が関連しているかもしれない」と説明。ホン所長は「これまで経験不足の私があなたの洞察力で事件を解決した。だが今回は間違っている」とユ・ソルオクの言葉を聞かなかった。しかし事件はユ・ソルオクの言葉通りになっていった。


第2話
予告動画


あらすじ

ハ・ワンスン(クォン・サンウ)は、チャン・ドジャン(ヤン・イクチュン) を捕まえようと市場の路地に向かうとユ・ソルオク(チェ・ガンヒ)を目撃する。ドジャンは刃物を持ち、振りかざした瞬間ワンスンが中に入って来た。

ソルオクに向かったドジャンの刃物を体で守ったワンスン。お陰でソルオクの命は助かり、ドジャンとワンスンは殴り合いを始めた。

倒れたソルオクを見たワンスンは、以前のトラウマを思い出す。そしてソルオクを抱いて走り出すワンスンの眼差しは切なかった。


第3話
予告動画


あらすじ
ギョンミ(キム・ヒョンスク) とお酒を飲むソルオク(チェ・ガンヒ)。

ソルオクは酔った状態でギョンミに「あなたがいなかったら私はもうダメだった。私の話を聞いてくれる人はあなたしかいない」と愚痴をこぼす。

そして、彼女は「私はただ助けてあげようとしただけなのに、おばさんには関係ないと、うちに帰ってご飯でも炊きなさいと言われた。でも私は料理もできない。結婚なんかしないで大学に行けばよかった。そうすれば私の話に少しは耳を傾けてくれたんじゃないかな。私は使いようがないの」とし、自身を無視したワンスン(クォン・サンウ) を恨んだ。


第4話
予告動画


あらすじ
殺人事件だと主張するソルオク(チェ・ガンヒ) に「犯人は誰か」と聞くワンスン(クォン・サンウ)。

ワンスンはかなり説得力のあるソルオクを信頼し始めた。ワンスンが一体犯人は誰なのかと追及すると、ソルオクは「100%になるまでは言えない。0.01%でも無実な人を疑うのは殺人行為だ」と答えた。

第5話
予告動画



あらすじ
老夫婦の家で起きた殺人事件の被害者である夫を責める、ソルオク(チェ・ガンヒ)。

ソルオクは、ヨンチュル(ソン・ギユン) を容疑者だと疑い「夜11時32分から深夜1時の間に何をしたか」と責めた。

ヨンチュルは「人を呼び出しておいて何を言っているんだ。とても忙しいのに」と煩わしそうな反応を見せた。

するとワンスン(クォン・サンウ) は「あなたの妻が死んだのに、気にならないか」と強く言った。ソルオクはワンスンのことを「カリスマ」と褒め称えた。ワンスンは「僕は元々頭から爪先までカリスマだ」と言うのであった。


第6話
予告動画

あらすじ
ハ・ワンスン(クォン・サンウ) は、キム・ホチョル(ユン・フィソク) のもとを訪ねて行った。チャン・ドジャン(ヤン・イクチュン) 事件を窃盗で処理したため、カッとなったのだ。これに対し二人が言い争いをし、ハ・ワンスンがキム・ホチョルを殴ろうとした瞬間にユ・ソルオク(チェ・ガンヒ) がキム・ホチョルを呼んだ。

ユ・ソルオクは、ハ・ワンスンとキム・ホチョルのケンカを止めた。キム・ホチョルがその場を離れた後、ユ・ソルオクはハ・ワンスンに「やめなさいよ。謝るって言ったでしょう」と話した。

ハ・ワンスンは、「なんだおばさん。いつも突然現れて、一体どこから現れたんだ」と不満を言った。


第7話
予告動画

あらすじ
ユ・ソルオクはキム・ホスンが拉致されたと主張し、彼が残したヒントを説明した。ユ・ソルオクは「女性がいる場所」といいながら「52度」と書いて見せた。

これにハ・ワンスンが「緯度、経度を意味する数字か」と尋ねると、ユ・ソルオクは「女性は緯度も経度分からないわよ。全羅道(チョンラド) 光州(クァンジュ) か京畿道(キョンギド) 光州(クァンジュ) も区分できないの」と答えた。

ハ・ワンスンが「だから52度って何なんだ」と聞くと、ユ・ソルオクは「52度じゃなくて、オ イ ド」(韓国語で5(オ) 2(イ) 度(ド) と発音する)と言いながら、「もどかしいわね。ヒントあげてるのに何で分かんないの」と言った。

第8話
予告動画

あらすじ
ユ・ソルオク(チェ・ガンヒ) はキム・ホスン(チョン・スジン) の拉致犯を確信し、後を追った。しかし簡単ではなかった。

ユ・ソルオクの推理にハ・ワンスン(クォン・サンウ) は気に食わない顔をしながらも、一緒に回った。特にユ・ソルオクはキム・ホスンの拉致犯がノ・ドゥギル(ハン・ジウン) だと確信した。これまで似た手口で犯行を犯したのだ。実際、ノ・ドゥギルがキム・ホスンを拉致した。

第9話
予告動画

あらすじ

ユ・ソルオクは、チャン・ドジャン事件について陳述するためにハ・ワンスンがいる警察署に向かおうとした。しかし、夫のキム・ホチョルがその警察署に監査に行くと言い、困った状況になった

チャン・ドジャンの弁護を務めているチョン・ジウォンは、ワンスンに電話してソルオクの陳述を止めようとした。「チャン社長を捕まえようとすると、その女がどうなるかわからない」と話した。ワンスンは「おばさんに手つけたら、お前たち、ただじゃおかない」と怒鳴った。

ハ・ワンスンは、すぐさまチョン・ジウォンに会いに行った。ハ・ワンスンは「普通のおばさんだ。危険な状況は見ていられない」と話した。チョン・ジウォンはチャン社長なのか、ユ・ソルオクなのか選択するようにと話した。「心配なら、無理して陳述させないで」と警告した。

第10話
予告動画

あらすじ
ソルオクは姑と小姑の洗濯物をクリーニング屋に預けるために、洗濯物をいっぱい持ってクリーニング屋に向かった。その途中で不動産屋に行って部屋を探していたウ警官に出くわした。

ウ警官は過去に自身が主催したイベントに来たソルオクを思い出し、ソルオクと楽しく会話した。ソルオクは自身を覚えていてくれたウ警官に感動した。

ウ警官は洗濯物だけを見てプロファイリングし、姑と小姑、夫の性格や職業まで完璧に当て、ソルオクを驚かせた。

第11話
予告動画

あらすじ
天真爛漫な女子大生を残忍にも殺害した犯人を見つける捜査は本格化され、ワンスンとソルオクも最善を尽くして犯人の手がかりを追った。

ソンハ(パク・ビョンウン) 率いる特別捜査チームに民間人プロファイラーとして合流したソルオクは、彼と張り詰めた神経戦を繰り広げ「辞めて出て行っても構わない」と言われた。その後彼女は、ワンスンのチームと会議を行い、独自の方法で犯人探しを開始した。

再び手を握ったワンスンとソルオク。2人は、少しの譲り合いもなく、ああだこうだ言いながらも特別なチームワークを見せた。

ソルオクが推理を通して手がかりを掴むと、ワンスンはこれにストーリーを作っていった。この過程で、互いに同じ方向へ捜査を進めていくと、周りから「怪しい」という言葉を耳にした。

第12話
予告動画

あらすじ
ソルオク(チェ・ガンヒ) とワンスン(クォン・サンウ) が町の殺人事件を解決した。ウ警官(パク・ビョンウン) はテープを使ったという理由でテープ連続殺人事件にしようとするが、ソルオクとワンスンは今回の事件は別件だと主張して個別捜査を展開する。

ソルオクとワンスンは町の住民を対象に捜査を展開し、容疑者を絞った。ワンスンは死んだ女性の家にある洗濯物が軍隊式に畳まれているのを見て、最近除隊した青年を有力な容疑者だと判断し、彼を逮捕する。

結局、青年が殺人犯であることが明らかになる。

第13話
予告動画


あらすじ


第14話
予告動画


あらすじ



第15話
予告動画


あらすじ


第16話 最終回・最終話
予告動画


あらすじ


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

asiatv

Author:asiatv
韓国ドラマ・中国ドラマを紹介していきます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外ドラマ
44位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

お得情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。