記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ミセス コップ】ドラマ概要・あらすじ・予告動画【更新】

ミセスコップ・미세스 캅


警察としては、百点満点、母親としては、赤点ママ。
正義感が強く、熱いハートを持った女性警察の活躍を通して、韓国の働く母親の偉大さや、そんな彼女の悲しみと喜びを描いたドラマ

【監督 】 ユ・インシク、 アン・ギルホ
【脚本】ファン・ジュハ
【出演 】 キム・ヒエ、 ソン・ホジュン、 イ・ギグァン(BEAST)、チョン・スヨン、 キム・ミンジョン、 イ・ダヒ、ソン・ビョンホ
【話数】 計18話
【製作会社】ソグムビッメディア、グループエイト
韓国:SBS 月火ドラマ 22:00 2015年8月3日~2015年9月29日 


【企画意図】

母は強く、おばさんは、強力だ。
今、まさにその強力な婦警が現われた。

生物学的には女性だが、外見と行動が変わっていきながら、‘女性’ではない‘母親’という名のもとで生きなければならない人々、まさに‘おばさん’達である。
家族のためには、恥を冒してでも、景品をもらいにいく、食事をしていても子供が“ママ、ウンチしちゃった~”と言われれば、まだ口の中に食べものが残っていても、子供のお尻をふき取ってあげる、スーパーウーマン。そんなスーパーウーマンにできない事があるとしたら、一体、どういう事があるのだろうか?

国民の杖となるべき警察が、国民の命と財産を守る事が最優先の任務であるように
おばさんも、自分の家族の健康や財産を守るためなら、恥ずかしいと思う事もなければ、できないことなど何もない、家族にとって守護者なのである。
なおかつ、警察にとって最高の徳目である捜査をするにあたっての直感は、犬が人間の嗅覚より20倍優れているように、おばさんの方が男の直感より20倍以上優れている。例えば、夫の車の助手席が傾いている角度を見ただけでも、自分の男が他の女と浮気をしたという証拠を掴んだり、シャツについた見慣れない髪の毛一本を見ただけでも、国立科学捜査研究院などの鑑定結果がなくても、誰の髪の毛か推定する能力、とどめは、香りのきつい化粧水と香水をいくら塗りたくったとしても、見知らぬ女の香りをかぎ取る驚異的な能力に至るまで、捜査現場では、切実に望まれている能力を生まれつき、備え持ったおばさん。そんな恐ろしいまでの人的資源を今まで警察の実務に投入できなかったことは、まさに実に惜しい事であり、国家的浪費に違いない。

そして、今、そのおばさんの真価を発揮できる警察ドラマが船出をする運命的な時間が到来したのだ。



【出演者/役柄紹介】
 キム・ヒエ(김희애)/ チェ・ヨンジン 役(최영진)(女)

警衛(日本の警部補に相当) 強行犯係1 チーム長
別名『ソウル地方検察庁のエース』

凄まじいカリスマ性と、巧みで熟練した捜査力、世の中を包み込むような暖かい眼差し。熱いハートと冷静な頭脳を持ち、あらゆる戦いを渉猟してきた、古参の女性警官。
男でさえも捕まえにくい凶悪犯を、たったの一言二言で鼻をへし折ってみせたり、うまくいいくるめては、手錠をかける。自分の子供や自分の家族のような人々のため、今日もあくどく、恥を忘れ、悪戦苦闘する韓国のおばさんである。 美しい顔には、口紅の代わりに、ふてぶてしいまでの鉄面皮と、巧みな話術が備わっている。
決して、顔には、感情を現わさない。 冷徹であるが、多血質な性格で仕事に跳びこむところがある。 脅かしては、強圧的な捜査をしたり、参考人の弱点握って、おとり捜査をしたりもする。又、強力犯係の刑事としての義理も堅い。 見かけは少々無愛想にも見えられるが、自分の仲間は、最後まで信じ、短所までも包み込んでいくような温かいハートを持ったおばさん警察である。しかし、警察としては100点満点だが、母親としては、-365点ときた…。

役者名:キム・ミンジョン(김민종)/ パク・ジョンホ 役(박종호) (男)

警監(日本の警部に相当)、強行犯係 係長
別名『捜査科のディーラー』

誰よりも、チェ・ヨンジンの実力を解っている直属の上司。 チェ・ヨジンより2歳年下だが、強行犯係のひとつのチームとして10年余り同苦同楽していきながら、親しい友人となっていった。
性格は、理性的である。冷静過ぎると思えるほど、徹底して現実的である。
政治力と処世術に長けているため、組織内部の事情に対する、洞察力が優れている。
時々、自分が求めているものを手に入れるためには、多少、図々しい事もいとわない。
若くして、捜査係長の座にのぼりつめることができたのも、そういう面が大きく働いた。
時折、周りの妬みを買ったりもする、気にしない。大切な事は、結果なのだから。
職業柄、常に人を疑わなければならなかった。ゴミのような凶悪犯と関わって行き、様々な苦労を経験したことで人を信じられなくなって行った。愛の終着点は、信じることだが、最後の瞬間に、結局は、信じきることができない。一番信じられる人がそばにいたとしても…。一方、何気にロマンチストでもある。若い時は、親の借金のせいで自分の青春や夢など後回しにしなければならなかった。消え去ってしまった青春の情熱が今になってあらゆるところから飛び出そうとしてくる。警察として、彼は、最高になりたいと願っている。


 役者名:ソン・ホジュン(손호준)/ ハン・ジヌ(한진우) (男)

警長、強行犯1チーム刑事(男)
『強行犯係のイケメン』
一度、目を付けられたら、決して、抜け出すことができないという別名、イケメン刑事。
まさに、ハン・ジヌのニックネームである。やはりそのニックネーム通り、犯人としてマークをしたら必ず捕まえないと気が住まず、目の前で繰り広げられる犯罪に対しては、決して見過ごすことはできない。 特攻隊出身でテコンドー、柔道、剣道などに鍛錬している有段者である。沈黙が金というが、この男は、本当に口を接着剤でくっつけたかのように無口である。感情がないような冷たい表情に、有段者特有の威圧的な目つきまで加わり、殺伐とした雰囲気を漂わせている。だが時折子供のような無邪気な笑みをみせる時がある。見慣れない姿だが、それが彼の本当の姿である。
犯人をおじけつかせるキラーのような野性的な面と、
ダイヤモンドよりも砂利石を大切にする子供のような面を両方持っている魔性の男である。

 役者名:イ・ダヒ(이다희)/ ミン・ドヨン(민도영) (女)

警衛(日本の警部補に相当)、強行犯1チーム 刑事 
別名『女刑事 ジャベール(Javert)』

強行犯1チームで唯一、警察大学出身である。
裕福で温かい家庭で両親の愛情を受けながら育ち、明るく堂々とした女性である。
人形のような顔立ちとモデルのようなスレンダーのスタイルに、全校でも優秀な成績をあげ、まさに親の自慢の娘となる典型的なタイプである。
まじめな秀才で、常に誰かの模範となってきて、自らもそういう面に対し、誇りを持っている。何事も論理的で正確である。 たまに人の感情までも論理的に判断しようとするせいで、冷たく、薄情だと誤解されたりもする。




ミセスコップ 미세스캅



ティーザー







1話
予告動画

あらすじ
塩倉洞(ヨムチャンドン、ソウル江西区にある町)強姦殺人事件で世の中を騒がせていた2013年、この連続殺人事件の犯人を検挙するため、血眼になっていた強行犯5チームのチーム長、ヨンジンは、右腕であったジェドクと共に潜伏捜査中、有力な容疑者を目の当たりにする。しかし、今日に限って一人娘の学芸会とは! 早く来るようにとせかしてくる妹、ナムジンの電話も後にし、娘との約束さえ後回しにして捕まえた犯人だったが、どこか後味が悪い…


2話
予告動画

あらすじ
娘のハウンのため、家に帰ったヨンジンは、努めて顔を背けていたホ・ジョンナムに対する罪意識をぬぐえず、結局、ジョンナムのところへ出向き、申し訳ない気持ちを伝え、彼のお願いによって、息子のユンスをしばらく預かる事になる。
そんな中、ヨンジンの携帯電話に、真犯人のナム・サンヒョクの目撃写真が届き、ヨンジンは、息子のユンスを残したまま、現場に向かうのだが…

3話
予告動画

あらすじ
塩倉洞殺人事件が終決し、ヨンジンが警察地区隊(日本で言う交番にあたる、派出所を複数管轄する地域の警察組織のことを指す)のおばさん警察になって、いつのまにか2年が経っていた。ハウンと一緒に過ごす時間だけを思い描きながら過ごしてきたヨンジンの目の前に、自殺と推定される若い女性の死亡事件現場が繰り広げられ、ジョンホは、ヨンジンをこの事件の特別捜査本部へと呼び入れようとする。一方、ヨム・サンミンのところへ訪ねて行ったカン会長は、ヨム・サンミンに一件の殺人事件を調べて欲しいと依頼するのだが…



4話
予告動画

あらすじ
ヨンジンは、ソウル支庁特別捜査本部に復帰するやいなや、イ・ミギョン殺人事件の有力な容疑者であると同時に、イ・ミギョンの所属事務所の社長であるハン・ドッギュを緊急逮捕するが、ヨンジンは、ハン・ドッギュが真犯人ではない事を直感し、改めて、事件を掘り下げ始め、カン会長は、そんなヨンジンの動きを注視するようになる。
一方、ヨンジンは、強行犯1チームを最高のチームへとしていくため、チーム員のスカウトに突入するのだが…。



5話
予告動画

あらすじ
強行犯1チームに合流したいと、しつこくアピールをしてくるドヨンと、強行犯1チームのオフィスにぎこちない感じで入って来たジヌは、ヨンジンから言い渡された強行犯1チームに合流するためのミッションを置いて、競争を繰り広げる事になる。
ついにチームができると、ヨンジンは、さっそく強力1チームとしての最初の事件捜査に取り組み始めるのだが…。



6話
予告動画

あらすじ
イ・ウンジョン殺人事件の有力な容疑者であったジョン教授が、犯人でない事に気付いたヨンジンは、イ・ウンジョンが運営していた'ジョウン フラワー'の女性社員であるカン・ジヨンを有力な容疑者として捜査線上に挙げ、捜査を進めていく中、イ・ウンジョンの首の骨のあたりで発見されたカッターナイフの刃のかけらによって、捜査は急な波に乗る事となる。一方、ヨンジンは、パク・ドンイルが出所するという知らせを耳にし、彼が住んでいる所へ訪ねていくが…


第7話
予告動画

あらすじ
ヨム課長は、突如、ヨンジンに対し、イ・ウンジョン殺人事件によって浮き彫りになった大型麻薬組織の捜査担当から外れろと指示をし、ヨンジンは、今まで行ってきた捜査の記録を手放すのは惜しかったが、ひとたび、麻薬捜査隊に引き渡すことにした。
一方、ヨンジンは、ドヨンに最初の捜査事件として持って来た、青少年買春事件組織の親分である'ワンソバン'の手の内から唯一戻って来た被害者、チャン・ウニョンを説得するように指示をするのだが…

第8話
予告動画

あらすじ
ついに、ソン・ビョンホと向い合う事になったが、ソン・ハユの死によって、ヨンジンは、この事件を家出ファム(韓国で家出した青少年がワンルームやモーテルなどの宿泊施設に集まって集団で寝食を解決している‘家出ファミリー’の略語として、青少年の隠語として使われている)から失踪した少女と関連した‘連続殺人事件’として捜査方向を進めて行く中、事件と関連した防犯カメラの映像に撮られていたKL建設のカン会長の車を発見し、カン会長の所へ訪ねて行く。一方、チャン・ウニョンを拉致しようとしていたソ・スンウがカン会長の近辺で姿を現すのだが…

第9話
予告動画

あらすじ
もう一度、カン会長に会いに行ったヨンジンは、跪きながら、犯人の顔を確認できるよう助けて欲しいとお願いをする。カン会長は、そんなヨンジンをあざ笑うかのように見つめながら、自分は犯人を見たことも、証拠もないと言い切る。
一方、公務員試験に落ちたナムジンは、むしゃくしゃした気持ちで父親の墓地に向かい、ナムジンを探すため、やはり墓地に向かったヨンジンは、そこでパク・ドンイルと遭遇するのだが…

第10話
予告動画

あらすじ
KL建設にしのび込んだパク・ドンイルは、カン会長が飲む漢方薬を、準備しておいた漢方薬とすり替え、漢方薬を飲んで深い眠りに落ちたパク・ドンイルを拉致する。眠りから目を覚ました、カン会長は、パク・ドンイルを見て驚き、そんなカン会長を殺そうとするパク・ドンイル。一方、休暇を終え、戻って来た強行犯1チームは、車両窃盗密輸組織事件と向い合うのだが…。


第11話
予告動画

あらすじ
ヨンジンは、ヨム課長からパク・ドンイル事件に関する報告書の決裁をもらいながら、パク・ドンイルが倒れる寸前に、自分に対して謝ってきたことに疑問を感じる。ヨンジンが出ていった後、ギクリとしたヨム課長は、どこかへと急いで電話をかける。
一方、ジヌは、車両窃盗密輸組織の実質的な親分の連絡先を調べ上げ、自分に任された車を修理していたダルファンは、妙なプチプチ(気泡緩衝材)を見つけるのだが…

第12話
予告動画

あらすじ
ヨンジンは、金の塊が積まれてある車両を見つけたというドヨンの言葉に、監視カメラを確認し、残りのチーム員と共に車両が走り抜けて行った方向へと向かう。 倉庫の目の当たりにした強行犯1チームは、施錠されている扉の事で悩んでいると、すぐさま、ヨンジンは、扉を開錠するようにと指示を下す。一方、ヨンジンは、病院にいるパク・ドンイルに会いに来ていた女に付いて行き、カン会長の指示を受けたユン室長は、そっとパク・ドンイルの病室に入っていくのだが…


第13話
予告動画

あらすじ
総ての状況が呑み込めてきたヨンジンは、ヨム課長に自分の父親を殺した人物は、パク・ドンイルではない、カン会長だと話し、ジヌは、その時になってようやく、ドヨンをパートナーとして認め、申告式を開き、受けいれるのであった。一方、精密検査を口実に、大学病院から外出をしたカン・ジェウォンは、眠っている刑務官に見つからないようにして病院を抜けだすのだが……。

第14話
予告動画

あらすじ
ヨンジンは、息子のカン・ジェウォンの逃亡を手助けしたカン会長を公務執行妨害で逮捕するが、大きな事件として、まともに逮捕するため、再び、解放してあげる。
強行犯1チームは、カン会長の周辺から接触し始める。一方、ドヨンは、ヒョンジュを乗せ運転をしていると、途中、妨害してきた車両を追いかけ、車内にいた怪しい人物と向き合うことになるのだが…



15話
予告動画

あらすじ
ヨンジンは、訳もわからないまま、収賄の疑いで汚名をきせられる危機に陥るが、一旦は、ヨム課長の助けによって、肩の荷が下りる。ヨム課長は、そんなヨンジンに誤解が生じないよう、個人的な感情でカン会長の周辺に姿を現すなと警告をする。
一方、送り主の名前もないまま、ヨンジン宛てに送られてきたパズルの宅配が、ソ・スンウの指示で送られてきたことを知ったヨンジンは、ソ・スンウのところへ訪ねていくのだが…


16話
予告動画

あらすじ
ユン室長は、放火犯を目撃したジェヒョンにお金を渡しながら、放火犯を目撃したことを決して口外してはならないと脅す。 しかし、ジェヒョンは、悩んだ挙句、ヨンジンにその事実を伝え、ヨンジンは、ジェヒョンの証言をもとに捜査を進めて行く。一方、捜査をしていく中で、難関にぶつかったヨンジンは、ソ・スンウのところへ訪ねていき、仕事を終えて、家に帰っていく道中で、怪しい人物に攻撃を受けるのだが…



第17話
予告動画
あらすじ
強行犯1チームは、ヨンジンを襲撃した人物が、殺し屋であることを知り、ファン博士のところへ訪ねて行く。一方、ジョンホは、ヨム課長のところへ出向き、裏金関連のファイルを確認した強行犯1チームは、リストを確認後、逮捕状の申請に入るのだが…。

第18話・最終回・最終話
予告動画
あらすじ





出演俳優のイベント等はこちら
チケットぴあ










コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

asiatv

Author:asiatv
韓国ドラマ・中国ドラマを紹介していきます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外ドラマ
72位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

お得情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。