記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【華政】【ファジョン 】ドラマ概要・あらすじ・予告動画1話・50話(最終回)

ファジョン (華政)・화정(華政)
MBC 月火ドラマ 22:00

高貴な身分である公主(氏族の直系の血筋を継いだ王の娘)として生まれたが、権力争いの中で、死んだ者として生きてきた貞明公主(李氏朝鮮時代の第14代国王である宣祖の唯一の嫡流王女(1603-1685) の生涯と彼女を取り巻く勢力らの勢力争いを描いた時代劇ドラマ


【演出】キム・サンホ(김상호)『アラン使道伝』
【脚本】キム・イヨン
【キャスト】 チャ・スンウォン、 イ・ヨニ、 キム・ジェウォン、ソ・ガンジュン、 ファン・ヨンヒ、 パク・ヨンギュ、イ・ソンミン
【話数】 50話
【制作会社】キム・ジョンハクプロダクション

<韓国>
【放送局】MBC
【放送日】2015年4月13日~2015年9月29日
【視 聴 率】平均視聴率 9.88%、最高視聴率 第2話 11.8%、最低視聴率 第49話 5.7%
【公式ホームページ】 imbc.com/broad/tv/drama/hwajung/index.html

【キャスト・出演者/役柄紹介】
イ・ヨンヒ(이연희)/貞明公主 (정명공주) 役
天の神託を受けた嫡流公主
朝鮮王朝第14代の国王である宣祖と、宣祖の継室である仁穆王后の間で生まれた嫡統王孫であると同時に、唯一の公主。
王室の人々に愛されながら育った貞明(ジョンミョン)は、腹違いの兄である光海君(クァンヘグン)が即位した事によって、悲劇的な人生へと追い込まれる事になる。
一瞬にして、賎民の身分へと格下げされてしまい、死の峠を乗り越えた後、倭国(古代の中国の諸王朝やその周辺諸国が、当時日本列島にあった 政治勢力、国家を指して用いた呼称)の硫黄鉱山でがむしゃらに働きながら、へこたれず成長していく。 その後、朝鮮通信社の一行として江戸に来ていた洪株元(ホン・ジュウォン)の助けで、朝鮮へと戻ってくる事になる。その後、自分の身分を隠し、光海政権の心臓部である火器都監(朝鮮中期、銃砲を作るために設置された機関)に入城する。


チャ・スンウォン(차승원)/光海君(クァンヘグン) 役
優雅であるが、冷酷さを持ったカリスマ男。
名は、ホン(琿)、 宣祖の側室であった恭嬪金氏の次男(庶子)。
生まれた時から歓迎されない存在だった光海は、幼い頃から、賢く大人びていた。
壬辰倭乱(じんしんわらん)が勃発した事で、宣祖によって、王世子と冊封され、渾身の力を尽くしたが、戦乱が終わった後、徹底的に裏切られ、人生の一大転機を迎える。
醜い人間の本質と直面した光海は、自分自身を、冷酷なまでに鍛錬させていった。
宣祖が亡くなり、即位してからは、臨海君、綾昌大君, 永昌大君と彼らの勢力を残酷な形で
始末していった。自分に対し、お兄様と慕っていた可愛らしい貞明までも…。
その後、朝鮮と、自身の権力を守るため、内密に火薬開発に邁進する。
数年後、火器都監で、貞明と再会するが、彼女の事に気づかぬまま、微妙な感情に揺らがされる。


キム・ジェウォン(김재원)/ 綾陽君(능양군) 後の、仁祖(인조) 役
妬みに捕らわれた野心家。
宣祖の五番目の息子である定遠君の長男として、後に反正を起こし、朝鮮の第16代国王の座につく人物。権力の座に対する野心が人一倍特質な、生まれつき権力志向型な人間。
朝鮮の歴史上、多くの反正謀議で択君(王を臣下が選ぶ行為)となった者の中でこれ程まで、権力に積極的な者はいない。
光海が即位した後、西人(李氏朝鮮の官僚の派閥)が反逆を謨議し、自分ではない弟の
綾昌君に注目すると、そのことで屈辱を味わい、結局、反正謀議を密かに漏らしていく。
のちに、綾昌君が、反正謀議をしたとして賜死され、弟の代わりとして、西人勢力の支持を得る事に成功する。
しかし、宣祖の唯一の嫡統子孫である貞明が生きているという事が知られ、民と重臣らが自分より貞明の意に従おうとすると、劣等感に捕らわれ、貞明を始末しようとする。

ソ・ガンジュン(서강준)/ 洪株元(ホン・ジュウォン、홍주원、幼少期:チェ・グォンス최권수、少年時代:ユン・チャンヨン윤찬영)役
悲劇的な恋に落ちる冷美男。朝鮮当代最高の名門家の長男で、高官の前でも躊躇せず苦言を呈する天才的な人物。貞明公主(ジョンミョン・コンジュ、イ・ヨニ)と恋仲になり、愛と裏切りを経験し、新しい世界を作るための旅を共にするキャラクター。政治的な信念を共にする光海君(クァンへグン、チャ・スンウォン)と心を交わした貞明公主の間で葛藤する人物。

ハン・ジュワン(한주완)/ 康仁祐(カン・イヌ、강인우、幼少期:イ・テウ이태우、少年時代:アン・ドギュ안도규)役
王室財産も滑稽なほどの莫大な財産を持つ一族の唯一の後継者。愛する人に捨てられ、復讐を誓ってキングメーカーになる人物。遊び人のように見えるが、心に強い欲望を持った人物。貞明公主(ジョンミョン・コンジュ、イ・ヨニ)への想いを隠せず、ホン・ジュウォン(ソ・ガンジュン)と対立する人物。

チョ・ソンハ(조성하)/ 姜周愃(カン・ジュソン、강주선)役
カン・イヌ(ハン・ジュワン)の父親。司訳院(朝鮮の通訳・翻訳・外国語教育機関)の副正(従三品)で歴官(通訳)を管理、教育。子供の頃から祖父と父親について、外国をしばしば出入りし見聞きしたため、柔軟で自由な開放的思考を持った人物。
【各話ごとのあらすじ】
第1話
予告動画


あらすじ
7世紀の混沌とした朝鮮時代。息子の光海君(チャ・スンウォン)と確執の中にいた朝鮮 第14代国王(在位期間1567~1608)の先祖(パク・ヨンギュ)が世を去った直後、それぞれが権力を獲得しようとする物々しい雰囲気の中、光海君(チャ・スンウォン)が、朝鮮第15代王(在位期間1608~1623)として即位する。
そんな時代的背景の中、宣祖の継室の娘(公主)として生まれたが、光海君に命を狙われる危険にさらされ、死人のように生きて行く中、日本へと逃げ賎民となった後、火薬製造を学ぶ。 そして、遂にそんな彼女が朝鮮に戻り、光海君が作った火器都監で働くようになる。
一方、宣祖の側室の子だった綾陽君は、朝鮮を強力に統治しようとしたが結局は、失敗してしまう光海君に反正を起こし、王位を手にする。仁祖(朝鮮 第16代国王在位期間1623~ 1649)
そんな彼らを取り巻く、政治的状況の中で、様々な群像を通して、人間が抱える権力に対する欲望と嫉妬を描いた波乱万丈な王朝の大河歴史ドラマが繰り広げられる。

第50話 最終回・最終話
予告動画

あらすじ
イヌ(ハン・ジュワン)は、ジュソン(チョ・ソンハ)がジュウォン(ソ・カンジュン)を狙った銃弾を代わりに撃たれ倒れてしまう。 ジュソンは、自分が撃った鉄砲に息子が当たった事を知り、ジュソンを始めとしたキム・リュ(パク・ジュンギュ)、ユン氏夫人(カン・ムニョン)も国法に基づいて、義禁府に押送される。



【ランキング参加しています】
☆クリックで、応援お願いいたします。更新頻度が上がります☆
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

韓国ドラマ ブログランキングへ



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

asiatv

Author:asiatv
韓国ドラマ・中国ドラマを紹介していきます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外ドラマ
72位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

お得情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。