記事一覧

【D-DAY】ドラマ概要・あらすじ・予告動画_1話~20話(最終回・最終話)

D-DAY あらすじ

韓国ドラマ D-DAY/ディデイ / 디데이
JTBC  8:30

絶望的な災害という状況の中で、命と信念のため、活躍するDMAT(A disaster medical assistance team)と救助隊、そして、その中で育まれていく人間愛と、命の尊さを描いたドラマ

【演出】チャン・ヨンウ(장용우)『明日が来れば』『ホテリアー』
【脚本】ファン・ウンギョン
【話数】 20話
【キャスト】キム・ヨングァン、 チャ・インピョ、 キム・サンホ、ユン・ジュヒ、 チョン・ソミン、 イ・ソンヨル(INFINITE)、キム・へウン
【制作会社】SM C&C

<韓国>
【放送局】JTBC
【放送開始日】2015年9月18日~2015年11月21日
【視 聴 率】平均視聴率 1.170%、最高視聴率 第3話 1.909%、最低視聴率 第18話 0.718%
【公式ホームページ】
home.jtbc.joins.com/Preview/Preview.aspx?vod_service=2&prog_id=PR10010374&menu_id=PM10031107














【キャスト・出演者/役柄紹介】
D-DAY_ cast01_Kim Youngkwang-min
キム・ヨングァン(김영광)/ イ・ヘソン(이해성) 役
(33歳 一般病棟の外科医)
“どうする事もできないとか言っていて、それでも医者か、何としてでもやりぬこうとするのが、医者だろ、可能性が1 %しか残っていないとしても、諦めちゃだめだ。俺たちにとっては、諦めだけど、患者にとって、それは、死を意味するんだぞ”

ミレ病院の救急処置室の夜間当直。
常に異端児扱いをされている。韓国で今、最もホットなガン専門病院であるミレ病院にとって頭痛の種、No.1的存在である。
常にスケジュール通り予定されたガン手術だけ行うミレ病院。救急処置室があるのはあるが、ガン患者の入院待機室として様がわりしてかなり時間が経っている。さらにその人数があまりにも多すぎる為、病棟の廊下にまで、寝台が並べられている。そんな飽和状態の救急処置室内を割り込んで入って行き、なんとしてでも、救急患者を受け入れ、戦闘的な救急処置と、手術をするがために、億単位の訴訟費によって、削減額は、不動のトップであるヘソン。
最近では、心肺蘇生術をあばら骨が折れるほど実施したという事で訴訟を起こされている。
実力としてはトップの座にいるハン・ウジンを先輩として、医師として尊敬はしているが、彼が患者を成功の踏み石にしているように感じられ、苦々しい思いをするときが多々ある。
検証されていて、確実でなければ、患者の命が瀕死の状態であっても、手術をしようとしないハン・ウジン。そして、そんな検証されていて、確実でなければ、患者の命が瀕死の状態であっても、手術をしようとしないハン・ウジン。そして、そんな患者のもとにかけつけ、頑なに何かしらしようとするイ・ヘソンとの衝突は、すでに病院内では有名な話である。
医師としての使命感と責任感が強いため、災害後は、自分自身を苦しめてしまう。
どうする事もできない状況の中で助ける事ができなかった人々の苦しいうめき声が
常に耳元から離れない気がする。


D-DAY_ cast02_Jung Somin-min
チョン・ソミン(정소민)/ チョン・トルミ(정똘미) 役
(28歳 整形外科のレジデント3年目)
“釜山は、私がいなくてもしっかりやっていけますから、ばあちゃんや、転んで怪我したおじさん達…を診てくれる人は、沢山いますって。だけど、ここは、違いますもんね。
私が一番必要とされている場所は、ここですから”

釜山のペク病院 整形外科レジデントになって3年目…
だったが、今はミレ病院の居候。
‘トルトルハゴ(意味:賢く~。利口で~という意味の韓国語)美しい子に育つようにと付けられた胎名(韓国でお腹の中の赤ちゃんにつける愛称)のトルミがそのまま、名前となった。両親の愛情を感じられ、この独特な名前が大のお気に入りのトルミ。
しかし、人々は、‘トルアイ(きちがいを意味する韓国のスラング用語)’+ミチンニョン(狂った女を意味する)の略語として、ひそかに呼ばれていた。
釜山からソウルのミレ病院に患者を移送しようとしていたところ、ソウルの大地震に遭う。
崩壊した建物や道路に閉じ込められ、身動きがとれない状況の中で、仕事で面識のないヘソンが彼女のガウンを見て、‘同じ職業のようだけど、そこで何してんだ!手伝ってくれるべきだろう!”と声をかけられても事で巻き込まれていく。
お金も、名誉も、安定感もある医師として生きていきたかった、今までそうだった。
しかし、人を助け生かす医師である時、本当に生きていることを感じることができ、
助ける医師、存在の理由がある医師となりたかった。目の前にヘソンのように…。


D-DAY_ cast03_Ha Seokjin-min
ハ・ソクジン(하석진)/ ハン・ウジン(한우진) 役
(38歳 一般病棟外科 副教授)
“検査もしないまま、勘だけを頼りに手術をしろというのか。患者が死んだら運がなかったと言い、ごくたまに生かすことができた時は、ヒーローか?患者で賭博でもしようっていうのか。”

ミレ病院の一般外科病棟の副教授。ヘソンの先輩。
腹腔鏡下手術、ダ・ヴィンチ(手術支援ロボット)など尖端のロボット手術の権威者として認められていて、パク・ゴンからは、全面的なサポートを受けながら、ミレ病院の次世代を率いる人才だという評価を得ている。
病的なほど、検査に依存していて、手術の成功が確実でなければ、手術もしない。
ロボットや腹腔鏡は、初期の胃癌手術など回復が難しくない場合のみ実施するため、手術の成績は、常に良いに決まっている。パク・ゴンは、ハン・ウジンに医師ではなく、技術者であることを願い、大きな成功とミレ病院の看板という好条件を提示する。
しかし、それまで順調な道のりを辿っていた自分を、無力な医師にしてしまった災害を目の当たりにして、皮肉にも、真の医師として生まれ変わるようになり、患者を道具ではない、目的として、改めて見つめなおすようになっていく。
どんどん狭まって行く視野のおかげで、彼は検査の数値ではない、指先から感じられる患者の体温と疾患に集中するようになって行き、真の名医の道を歩むようになるのだが…
災害は、彼にとって、贈り物となった。

D-DAY_ cast04_Lee Kyungyoung-min
イ・ギョンヨン(이경영)/ パク・ゴン(박건) 役
(60代  ミレ病院の院長)
“ハン・ウジン先生、あなたを見ていると、若い頃の私を思い出すんだ。危機をチャンスに変える事もできて、野望もある。私達が乗っている船は、巡航するに違いない、そうだろう”

ミレ病院グループのミレ病院の病院長。
ミレ病院グループのパク・ユンスク会長の弟。神経外科医。
名医として知られていて、メディアでの活動を通して、知名度も高く、大衆的にも人気がある。親戚だと言う理由で、安定した病院長という座に上り詰めたが、彼の野望は、とどまることを知らない。自分の知略を通して、現在のミレ病院グループへと育てあげたのに、たかが病院の院長だとは。
グループの会長である姉は、この先、そう長くはない息子に全く期待していないため、自分を次期会長として推戴してくれることで既に合意していた。
しかし、姉の夫であると同時に財団のオーナーである、ユ・ヨンタクは、病院が収益だけに集中しすぎてはならないと言いながら、事毎に問題視してくる。
パク・ゴンは‘お義兄さんもお金の力がご存じじゃないですか、お義兄さんが、そして、私が夢見ているものが、ちっぽけな夢ですか?それを成し遂げるには、更にもっと育てあげていかなければなりません’とあやしたり、なぐさめたりしながら、十数年目を迎える。
成功のためならば、何をするべきか、世の中の関心事は何であり、どのように流れているのか、どんな対象を押さえ、どのようにすれば、自分が目論んでいる事を成し遂げられるかあまりにもよくわかっている。
ある者は、残酷だ、冷たすぎると言うかも知らないが、このやり方こそ、この船の船長である自身がするべき事であると自負しながら、自分に対しては少しの恥ずかしさも感じていない。


【各話ごとのあらすじ】
第1話
予告動画
あらすじ
“医者にとっては、諦めだけど、患者にとって、それは、死を意味するんだ”病院の収益より、患者が最優先の熱血医師、ヘソン(キム・ヨングァン)! 冷徹で理性的な医師、ウジン(ハ・ソクジン)は、事ある毎に対立する。一方、患者を移送するため、ソウルに来ていて、交通事故に巻き込まれたレジデント、トルミ(チョン・ソミン)は、患者への処置に関して、ヘソンと対立し葛藤するのだが…。あちこちで起きているシンクホールの事故。 揺れるタワークレーン! ソウルに何かが起きている!

第2話
予告動画
あらすじ
シンクホールの発生によるクレーンの転覆事故。数人の死傷者が出た事故現場に、偶然、居合わせていたヘソン(キム・ヨングァン)と、トルミ(チョン・ソミン)、ジナ(ユン・ジュヒ)は、共に負傷者を治療していきながら、危険にさらされている市民を助けていく。
幾人かの急病人をミレ病院に、トランスファーするが、ウジン(ハ・ソクジン)は、治療を拒み、転院を命じてきた。

ジナとトルミは、悩んだ末、患者を連れて、ヘソンがいる漢江のミレ病院に向かい、ヘソンは、劣悪な環境の中でもその患者の命を守りきる。ヘソンを手伝いながら、幾度かミスを連発しながら、初めての外科手術を終えたトルミは、釜山に戻ろうとしていたところ、奇異な現象に足止めをくらい周辺を見渡すが…恐ろしい轟音と共に溢れ落ちてくる建物の残骸の数々、そして、ヒビ割れしている道路の上を危うい様子で逃げていくヘソンとトルミの姿が…


第3話
予告動画
あらすじ
ソウルを襲った6.5の地震! 崩れ落ちてしまった建物、破壊された道路、阿鼻叫喚となってしまったソウル!死傷者が続出する状況の中で、何としてでも患者を治療しようとするヘソン(キム・ヨングァン)とトルミ(チョン・ソミン)! 一方、パク・ゴン(イ・ギョンヨン)は、押し寄せる患者を無視し、ミレ病院を閉鎖するのだが…少しずつ亀裂が起き始めるハンガン(漢川) ミレ(未来)病院。 何の交通手段を利用できない状況! ヘソンは、患者を率いながら、脱出を敢行するのだが…


第4話
予告動画
あらすじ
崩れ落ちたハンガン(漢江)ミレ(未来)病院。 真っ白な細かい埃や塵が薄れると、全身が灰色化してしまったヘソンが目を覚ます。 絶叫するかのように伸びてくる患者の手の数々、ヘソンは最善を尽くして助け出そうとするが、しかし、病院の建物は、もう一度、大きな音をたてながら崩れ落ちていく。ヘソンは、自分の目の前で、二人もの人間の死を目の当たりにして、大きな衝撃を受ける。 悲しみも束の間、すぐに患者を連れ、クルーズに乗りこむヘソン(キム・ヨングァン)とトルミ(チョン・ソミン)、ジナ(ユン・ジュヒ)。 しかし、船内の油は、すでに底を突いた状態で、止まってしまう。 医薬品は、益々底を突き、危篤な状態の患者と、その母親を連れて、到着したミレ病院…しかし、パク・ゴン(イ・ギョンヨン)は、ヘソンと患者を拒否し、進入を遮るのだが…。


第5話
予告動画
あらすじ
非常体制に突入したミレ病院は、電力確保と医薬品の受給を調節するため、トリアーゼ(Triage:負傷の程度による治療優先順位の区分け)を通して患者の選別を始める。
一方、都心のあちこちでは、余震による建物崩壊が続き、イルソブ(キム・サンホ)は、命が危ないミンチョルを救助し、ミレ病院へと向かう。なんとかたどり着くことができた病院で、ウジンは、ミンチョルを診察後、治療放棄を宣言し、イルソブは、激しく抗議をするが、受け入れてもらえない。 一歩遅れて、ミンチョルの状態を診察したヘソン(キム・ヨングァン)は、ミンチョルを連れて手術室へと向かう…。 電気の断電まで1時間、血液も底を突いた状況の中、ヘソンの選択は….?

第6話
予告動画
あらすじ
非常体制に突入したミレ病院!電力は、立て続けに底を突きながら、急患を威嚇し…
一方、血小板の数値に異常を見せるミンチォル! ヘソン(キム・ヨングァン)は、急いで血液を探すが、すでにウジン(ハン・ウジン)が、一足先に持って行った状況!ミンチョルと福祉副長官、誰に血小板をあげるべきか急進的な葛藤が起きるが…
廃墟になった都市と切断されてしまった漢江の橋。直接、ブラッドバンク(血液銀行)に訪ねていこうとするヘソンは、危険を冒してまでバイクに乗ろうとするのだが…


第7話
予告動画
あらすじ
意識を失ったまま、運ばれてきたヘソン(キム・ヨングァン)! そんなヘソンを治療するトルミ(チョン・ソミン)。 災難の中にいながらも互いに力となっていく二人…
一方、ヨングァン消防署の隊員らは、ミレ病院を臨時拠点とするよう指示を受ける。
これを受け入れることができないというパク・ゴン(イ・ギョンヨン)!
彼の目の前に、ク・ジャヒョク(チャ・インピョ)が現われ、福祉副長官をおいて、取引をしてくる! 医療陣は、機械油をくれるという政府の約束が、果して守られるのか心配で仕方ないのだが…



第8話
予告動画
あらすじ
燃料油を運ぶタンクローリーまでが遅れるというジャヒョク(チャ・インピョ)の言葉で、絶望的になるジュラン(キム・ヘウン)!  電力は、半日分しか残っておらず…。益々、状態が悪化していくミンチョル。 電気が切れてしまう危険の中、ヘソン(キム・ヨングァン)は、急に手術に入って行くのだが…。突如、やってきたヨジン! 腕に怪我を負ってしまうヘソン!
電力を守ってきた発電機さえも、浸水してしまう危機にさらされ! 絶体絶命の瞬間、ミンチョルを生き返らせる為、ヘソンは、ウジン(ハ・ソクジン)のところへやってくるのだが!

第9話
予告動画
あらすじ
ミンチョルを他の病院へと移送させるため到着したヘリ! パク・ゴン(イ・ギョンヨン)と、ウジン(ハ・ソクジン)は、そのヘリを横取りし、ソク長官を移動させ…
最後の飛行機が発つという知らせを聞いたヘソン(キム・ヨングァン)! ミンチョルを乗せる為、トルミ(チョン・ソミン)と空港に向かい!
災害を経験しながら、互いに力となって行った二人は、いつの間にか妙な感情が芽生え始め…ヘソンは、ミンチョルを送りながら、トルミも釜山に送り出そうとするのだが…

第10話
予告動画
あらすじ
オイルや薬品の不足、そして、再び閉鎖危機に陥るミレ病院! ヘソン(キム・ヨングァン)は、道で渋滞していたタンクローリーと、医療物品を搬入する事に成功し! 病院を閉鎖しようとしていた、パク・ゴン(イ・ギョンヨン)の怒りを買う事になってしまうのだが…。そして、とうとう、ヘソンを解雇するパク・ゴン!
病院を去り、あちこち歩き回っていたヘソンは、災害現場でかろうじて、生き抜こうとする患者を目撃する。ジュラン(キム・ヘウン)はヘソンを助けるため、パク・ゴンにDMAT(災難医療支援チーム)を提示するのだが…


第11話
予告動画
あらすじ
プールに埋もれていたヨンタクとジウォンを見つけたヘソン(キム・ヨングァン)!
再び余震が起き、ジウォンが大きな怪我を負ってしまう…今すぐにでも、応急処置が必要な状況、ヘソンは、たて続くトラウマによって、執刀ができない状況にまで陥るのだ…
ミレ病院に担ぎ込まれてきたジウォンは、心臓が破裂し、開胸しなければならない状況にまで至る! 治療してくれる医師がいない状況で、ヘソンは、ジウォンのため、危険を冒してまで、メスを握るのだ!


第12話
予告動画
あらすじ
ジウォンの死で、苦しむヘソン(キム・ヨングァン)。
パク・ゴン(イ・ギョンヨン)は、ヘソンがPTSDを抱えていることを知り!
ユンスクを煽り立てて、ヘソンの医師としての資格を剥奪しようとするが…。
一方、イルソブ(キム・サンホ)は、ヘソンに娘の手術をお願いするが、自分の医療行為に疑念を抱くようになったヘソンは、そのお願いを拒む。
自らを恥じる思いに押しつぶされ、耐えられなくなり、病院を離れようとするヘソン! トルミ(チョン・ソミン)が、へソンを引きとめる為、駆け寄るのだが…


第13話
予告動画
あらすじ
トルミ(チョン・ソミン)と共に病院に戻って来たヘソン(キム・ヨングァン!
DMATは、ウジン(ハ・ソクジン)を隊長として新しく構築され…
ウジンとイルソブ(キム・サンホ)は、事故現場での安全確保に関して、変わらず、葛藤し続ける。 一方、余震による山崩れが起き、ジウォンの遺品を取りに行っていたヨンタクが事故の埋没者として発見され!  命が危うくなったヨンタク! ヨンタクを助ける為、ヘソンは、電気ドリルで手術を試みるのだが…

第14話
予告動画
あらすじ
ミレ病院に救急搬送されてきたヨンタク! その姿を見て腰を抜かすパク・ゴン(イ・ギョンヨン)! パク・ゴンは、ウジン(ハ・ソクジン)にヨンタクの手術をわざと失敗するよう要求するのだが…。一方、ソヨンが合併症によって状態がどんどん悪くなったため、ジュランとヘソンは、緊急手術をする事になり! 目の上の瘤のような存在であったヘソンに対し、これ以上、我慢できなくなったパク・ゴンは、ヘソンを追い出すために、医師免許の停止という最後のカードを選ぶのだが…


第15話
予告動画
あらすじ
医師免許を停止されてしまう危機に陥ったヘソン(キム・ヨングァン)!
パク・ゴン(イ・ギョンヨン)は、PTSDを口実にヘソンに更に圧力を加えて来る。 一方、母親が事故に遭ったという知らせを聞いたソユル(キム・ジョンファ)は、母親の面倒を見る事ができなかったという罪意識にかられ…。たて続くパク・ゴンの横暴! それを阻止するため、ウジン(ハ・ソクジン)は、ヘソンの母親の医療過誤に関する良心宣言(隠された非理や不正を良心によって、社会的に現わして知らせる事。 たいてい権力機関がしでかした非理や不正を社会的に暴露する宣言である)をすると、断言するのだが…


第16話
予告動画
あらすじ
地震による浸水で、ソウルのすべてのネットワークが麻痺してしまい!
ジャヒョク(チャ・インピョ)は、ヨングァン消防署に対し、汝矣島の共同区で水中作業をして欲しいと要請する。 イルソブ(キム・サンホ)は、死ぬかも知れない危険な作業に仲間をいかせる訳にはいかないと断り…。一方、ウジン(ハ・ソクジン)は、緊急手術をしなければならない状況で再び、目が見えなくなり! DMAT(A disaster medical assistance team)に自分の病気を告白するのだが…


第17話
予告動画
あらすじ
どんどん、前が見えなくなっていくウジン(ハ・ソクジン)! パク・ゴン(イ・ギョンヨン)が気づいたという事を知ったウジンは、立ち去ろうとし…国家破産の危機から逃れるため、イルソブ(キム・サンホ)に命が危ぶまれる水中作業を提案するジャヒョク(チャ・インピョ)! イルソブは、どうしても隊員らを死地に赴かる事はできず…。
一方、トルミ(チョン・ソミン)に会う為、釜山からやってき来たトルミの父親は、復旧現場で働く中、事故が起き!ヘソン(キム・ヨングァン)は、トルミの父親の手術をする事ができないと言うのだが…


第18話
予告動画
あらすじ
トルミの父親の治療をしようとしないヘソン(キム・ヨングァン)に、残念な思いを抱いていたトルミ(チョン・ソミン)はヘソンに背を向け、そんな姿を見るヘソンは、胸が痛む。国家破産の危機を食い止めるため、汝矣島(ヨイド)の共同溝へと向かうイルソブ(キム・サンホ)!同じ時刻、ジャヒョク(チャ・インピョ)は、排水ポンプが動いている間に、作業しているイルソブが死ぬかもしれないという報告を受け!それを知ったウソン(ソン・ジホ)がイルソブを助け出すため、共同溝へと飛び込むのだが…。

第19話
予告動画
あらすじ
ウソン(ソン・ジホ)の犠牲によってすべての電力や通信が復旧され! ヘソン(キム・ヨングァン)は、弟の選択を尊重しながら恋しむ。 一方、パク・ゴン(イ・ギョンヨン)は、病院が正常化され課長らが戻って来ると、再び、ヘソンの免許を剥奪しようとし! ヘソンを助けるため、戻って来たウジン(ハ・ソクジン)の努力にもかかわらず、免許剥奪申し立て案は、通過してまうのだが…


第20話・最終回・最終話
予告動画
あらすじ
ヘソン(キム・ヨングァン)と、トルミ(チョン・ソミン)は、互いへの信頼を表現し合いながら、切ない気持ちになっていき…! 幸せな時間も束の間、トルミの父親を乗せていく救急車が到着する。 釜山を発つトルミの前にヘソンは、現われず…。
一方、事故で運ばれてきたパク・ゴン(イ・ギョンヨン)! 他の医師らは、皆、手術を買って出ようとせず! ジナ(ユン・ジュヒ)は、パク・ゴンを生き返らすため、ヘソンに自分の父親である事を告白するのだが…


【ランキング参加しています】
☆クリックで、応援お願いいたします。更新頻度が上がります☆
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

韓国ドラマ ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

asiatv

Author:asiatv
韓国ドラマ・中国ドラマを紹介していきます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
244位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外ドラマ
90位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

お得情報