記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プロデューサー】ドラマ概要・あらすじ・予告動画1話~12話(最終回・最終話)

プロデュサ、프로듀사、Producer
KBS2金土ドラマ




『ミュージックバンク』(KBSの看板音楽番組)のコン・ヒョジン メインプロデューサー、『1泊2日』(KBSのロード・バラエティ番組)のチャ・テヒョン メインプロデューサー、『1泊2日』のチームに新しく入って来た新入りのキム・スヒョン プロデューサー、そして、気難しいうえに、お高くとまっているアイドル女性歌手のIU(アイユー)を中心に芸能局で繰り広げられる出来事を背景に描いたドラマ

【演出】ピョ・ミンス(표민수)(代表作:フルハウスシーズン1、彼らが生きる世界、アイリス2)
【脚本】パク・ジウン
【キャスト】チャ・テヒョン、コン・ヒョジン、キム・スヒョン、IU(アイユー)
【話数】 計12話
【制作会社】チョロクベム・メディア

<韓国>
【放送】韓国KBS2TV 毎週 金曜&土曜 夜9時15分~
【放 送 日】2015年5月15日~2015年6月20日
【視 聴 率】平均視聴率 12.5%、最高視聴率 第12話・最終話 17.7%、最低視聴率 第1話 10.1%%
【韓国公式サイト】http://www.kbs.co.kr/drama/produca/

プロデューサー あらすじ キーアート


<日本>
【放送局】DATV
【放送日】2016年1月1日(金)10:00~翌4:30(全12話連続)
【公式ホームページ】http://datv.jp/p000657/


【相関図】
韓国ドラマ プロデューサー あらすじ 相関図


【キャスト/役柄紹介】
チャ・テヒョン(차태현) / ラ・ジュンモ 35歳 (라준모) 役
『1泊2日』のプロデューサー
“ 俺の言っている事がそんなに難しいか~? どうして、みんなわかんないだろうな?
今、そういう事を言っているわけじゃ、ないだろう~!"

『1泊2日』シーズン4 <女優の1泊2日>を演出  芸能局に入社して8年目。
それまで、担当してきた番組は数知れないが、代表作と名乗れる程のこれといった番組はない。何かさせると、必ず、不平をこぼす。 しないわけでもない。 結局、するくせに不平をこぼす。 しかし、情に厚く、責任感もある。
何か不当だと感じたら、カッとなってその場を出て行ってしまうが、正確に15秒後には、又、戻って来る。ゆえに彼のニックネームは、『15秒 ジュンモ』。
コミュニケーション学科を専攻したが、優柔不断で、ハムレット障害(決定を下すことができない選択障害)まであり、意思疎通が最も難しい。
幼い頃から親同士で付き合いがあったため、親しくしていたイェジンとは、ロマンチックな男女関係というより、ゴタゴタ言い争っている方が似合う間柄。

コン・ヒョジン(공효진)  / タク・イェジン 35歳 (탁예진)役
『ミュージックバンク』のプロデューサー
“プロデューサーに最も必要なものは、何だかわかる? 実力?人脈? 視聴率?

そんなすべて必要ないわ。 後腐れよ! プロデューサーは、後腐れがなきゃ、ダメよ!”

入社当初、イェジンは、芸能局の紅一点だった。
男ばかりの芸能局に入ってきた新入りの女性プロデューサーだった為、皆、初めの頃は、
‘プロデューサーにしては、綺麗だな~’といわれ、喜んでいた。
しかし、今のイェジンにとっては、‘イェジンは、本当、か弱くて、優しいよな~’と言う言葉が決してほめ言葉でないという事を悟った一匹の闘鶏であるに過ぎない。
時には、その賢く、堂々とした口調が、色褪せてしまうほど、意図せぬ体を張ったギャグを披露してしまう天然なところもある。
拒まれ、疏外されていた過去があったせいか、現在、手にしている小さな権力(?)を誇示したがる幼稚な面もある。
最近になって、しきりにジュンモの態度が癇に障る。
いくら言い聞かせても言う事を聞かないアイツを誰が好きになってくれるんだろうと哀れみつつも、一緒にお酒を飲んでは、泥酔してボロボロになっていると、力ずくで顔を持ち上げ、はちみつ湯を飲ませてあげたりもする。
はちみつ湯を飲んでは、胃がキリキリ痛む…と言いながら、眉をひそめるジュンモを見ながら、自分でも知らないうちに、似たような表情になっている。なぜだか自分の胃もキリキリしてくるような気がして…。

キム・スヒョン(김수현)  / ペク・スンチャン (백승찬)役 27歳
KBS芸能局の新入りプロデューサー
"検事(コムサ)でも、医師(ウィサ)でも、弁護士(ビョノサ)でもないけど…
一応、プ…ロ…デュー…サーじゃないですか、お父さん”
*韓国では、上記のような職種をより好む傾向があることから、それらの職種名の最後に『サ』がついているということで、無理矢理、プロデューサーも認めてもらおうと発した言葉と思われる。

汝矣島という不思議な洞窟に舞い込んでしまったアリス。
大学生の時までは、秀才と言われながら熱心に学業に励んでいたのだが、それがこれほどまで役に立たないものだったとは…。
だからこそ、『バラエティ番組』を一生懸命‘勉強’した。
幼い頃、家で、バラエティ番組を見た事がなかったため、‘歴史’科目を勉強するかのようにバラエティの歴史を勉強する、一人で。
基本的には、言葉をどもったり、ためらったり、言葉の語尾を濁したりしながらも、なんとか、結果的には、本人が伝えようとするメッセージは、伝える方である為、社会生活には、相応しくないキャラクター。
そうは見えないのに、意外と根に持つタイプ。
良いことであろうと、悪い事であろうと、必ず、些細な形ででも仕返しをする。
少し気が小さく、纎細で、一歩遅れてついてくるような、彼女らの足長おじさん的なタイプ。一方で、いつも叱られながらも、情が移ってしまったイェジンに向けた気持ちを育んでいる。


IU(아이유)・シンディ(신디) 役 23歳
デビューして10年目を迎える歌手
“私に、これからもずっと順調にうまくいってほしいというのは、どういう意味だと思う”
そうでないと…私を、踏みつけるよって言っているようなもんなのよ”

13歳の時、練習生でとしてビョン エンターテイメント入って10年目を迎える芸能人。
世の中には、決してタダなどなく、この世界は一見、華やかにみえるが、冷酷で、安心して腰をおろせる世界ではないことを15歳になる前にすでに悟ってしまう。
得体のしれない親切は、必要以上に警戒し、決して人とは深く付き合おうとしなかった。ポーカー・フェイスの達人。どんな状況でも理性を失わない氷の女王。
ビョン社長の事を‘ママ’と呼び、ビョン社長もシンディの事を‘うちの娘よ’と呼び合ってはいるが…。シンディは、知っていた。ビョン社長は、シンディが、はやく特大級のミスをしでかしてくれる事を密かに期待している事を…。ビョン社長の手の内から華麗なる独立を果たすのが今の彼女の目標であった。しかし、全く予想もしていなかった暗礁に出会ってしまう。

制作発表会


記者会見







【各話ごとのあらすじ】
第1話
予告動画





あらすじ
不本意ながら、芸能局のOJTが大好きな大学サークルの先輩によって、KBS芸能局で働く事になったペク・スンチャン(キム・スヒョン)。 出勤当日からミスと勘違いの連発によって、芸能局の女王蜂であるタク・イェジン(コン・ヒョジン)に、しっかりとマークされ、パニック状態に陥る。 一方、今日も放送通信委員会に出勤するジュンモ(チャ・テヒョン)は、記者から『1泊2日』が廃止されるという噂を話題にされ、落ち込んでいた…。
朝から、外車に車の扉をぶつけてしまい、それでなくても機嫌が悪かったイェジン(コン・ヒョジン)は、生放送を控え、シンディ(IU)の衣装交替の問題で、結局、一波乱となるのだが、さらに、一日中連絡が取れなかった外車の主人公とは、なんと…!


第2話
予告動画
あらすじ
~不本意ながら降板の通達~
低い視聴率のせいで、シーズン4を背負って、新たにスタートをきる『1泊2日』チームに配属されたスンチャン(キム・スヒョン)は、チームのメンバーとなって5時間目にして、重要な特別任務を担当する事になる。しかし、ジュンモ(チャ・テヒョン)にもしっかりとマークされ、これからの会社生活が難航するであろうという兆しを見せ…。
一方、スケジュールを終えたシンディ(IU)、雨が降っているロビーで立ったまま、マネージャーを待っていたところ、スンチャンが手渡す傘を受ける事になった。


第3話
予告動画
あらすじ
あちこちでおもいっきり、目を付けられてしまったスンチャン、家路につこうとしたところ、偶然にもジュンモとイェジンが同じ家に入っていくところを目撃してしまい、混乱に陥る。一方、イェジンは、スンチャンの車につけてしまったキズの修理費83万ウォンをどうやって返せばいいか悩み…。新しいシーズンのコンセプトに関して、激論が交わされた『1泊2日』チーム。新たに交渉したメンバーのとんでもない事故によって、再び、危機に陥る。一山超えたらまた山という超非常事態に陥った『1泊2日』の救援投手は、果して誰?

第4話
予告動画
あらすじ
スンチャン(キム・スヒョン)の突発的行動によって、危機に陥ったイェジン(コン・ヒョジン)とジュンモ(チャ・テヒョン)。 イェジンは、このすべての状況にパニクくるばかりで…。前の週に起きた、シンディ(IU)のシースルー事件で、プロデューサーの「根に持つ、後腐れ論」を展開していたイェジン。 ビョン社長まで呼び出し、事は収取がつかない状況にまで発展して行き…。
一方で、シンディは、スンチャンから渡された傘を見て心が揺れるが、状況は、予想とは、全く別の方向へと流れていく。果たして、波乱万丈なジュンモの新しいシーズン、初めての撮影現場では、どんな出来事が起きるのだろうか?


第5話
予告動画
あらすじ
~不本意ながら編集に関する理解~
初めての撮影現場でスンチャン(キム・スヒョン)と共に置き去りにされてしまったシンディ(IU)。一日中、山道を迷い続けた2人、雨の音に傘を開いたスンチャンのおかげでなんとか雨宿りはできたが…。
一方、撮影現場までやって来たビョン社長のせいでジュンモ(チャ・テヒョン)は、結局、爆発してしまい…偶然にも、ジュンモと会食する場所で遭遇したイェジン(コン・ヒョジン)は、一緒にいたシンディを見て、思いっきりお酒を飲み、酔ってしまう。 翌日、スンチャンに特殊任務を任せるイェジン。果たして、スンチャンが捜し出さなければならないその手がかりとは?


第6話
予告動画
あらすじ
~不本意ながら、大きな放送事故に関する理解~
いくら反省しても、又、起きてしまう。会食をした日の手がかりを捜し出したスンチャン(キム・スヒョン)。 事件の顛末を全て知り、狼狽するばかり…。ジュンモ(チャ・テヒョン)の思いがけない行動に、イェジン(コン・ヒョジン)は、一抹の寂しさを覚える。
一方、イェジンがホンスン(キム・ジョングク)と、共同演出で担当することになったスペシャルショーに、スンチャン(キム・スヒョン)も駆り出され、シンディのスタンバイを担当する事になる。しかし、公演のリハーサル中、予想もしていなかった出来事が起きてしまうのだが…。


第7話
予告動画
あらすじ
~マスコミプレイ(マスコミの情報操作)への理解~
シンディ(IU)を助けようとして、さらに、大きな事故へと発展させてしまったイェジン(コン・ヒョジン)。シンディのファンからは、大きな誤解をされ、益々、困難な状況へと陥っていき、スンチャン(キム・スヒョン)は、そんなイェジンが心配になっていく。
一方、心にもない言葉を口にしたせいで、イェジンと言い争ってしまうジュンモ(チャ・テヒョン)。 世の中で一番話しやすかったイェジンの怒りを和らげるのが、最近になってとても難しいばかりで…シンディの事故で怒りを爆発させてしまうビョン社長!ところが病院で退院する日、シンディが…姿を暗ましてしまう!


第8話
予告動画
あらすじ
~ラブライン(恋の行方)への理解~
シンディ(IU)の突然のキスに固まってしまったスンチャン(キム・スヒョン)。どうすればいいのか面喰うばかりで…。遊園地を訪れたイェジン(コン・ヒョジン)は、正体不明の男からの電話を受け、思いもよらない人と遭遇する。
一方、芸能局で開かれた体育大会で、ジュンモ(チャ・テヒョン)とスンチャンは、PK戦を行う事になり、その後、夕立の中、スンチャンが向かったところには、果たして誰が…!


第9話
予告動画
あらすじ
~欠番への理解~
話したい事があると言いながら、やみくもにスンチャン(キム・スヒョン)の家を尋ねて来たシンディ(IU)。 スンチャンは、映画を観る約束をしたイェジン(コン・ヒョジン)と、家の前で待っているというシンディの間でどちらに行くべきか悩み出す。番組が欠番するという知らせにもどかしさを覚えるジュンモ(チャ・テヒョン)、怪しい動きを見せるビョン社長とシンディを見ながら、5年前の事を思い浮かべ苦しい気持ちになる。一方、シンディは、1位となったステージでいつもとは違った受賞の感想を述べ、皆を混乱に陥らせ、そのステージを見たスンチャンは、何かを決したように、どこかへと走り始める!


第10話
予告動画
あらすじ
~予告への理解~
家路につこうとしていたイェジン(コン・ヒョジン)のもとへ走ってやってきたスンチャン(キム・スヒョン)。 しかし、ジュンモ(チャ・テヒョン)と一緒にいるイェジンを見て、話そうとしていたタイミングを逃してしまうのだが…。ジュンモは、イェジンに新しい家に引越しせず、このまま自分の家にずっといるようにと話すが、イェジンは、ジュンモの本心がなんであるか混乱するばかり…。一方、抱き合わせ商法(本来の商品・サービス(主たる「人気商品」 )とは別の商品・サービス(従たる「不人気の商品」)をセットで販売する方法・手法の総称 である。=抱き合わせ販売)の予告を始めたビョン社長と、シンディの争いが始まり…。偶然にもスンチャンの本音を知ったイェジン…。その日の夜、イェジンが公園で会った人物とは、果たして誰なのだろうか?


第11話
予告動画
あらすじ
~視聴率に対しての理解~
公園でイェジン(コン・ヒョジン)に告白をするスンチャン(キム・スヒョン)。イェジンは、スンチャンからの突然のブランコでのキスに呆然とするばかり…。結局、ジュンモ(チャ・テヒョン)の家から引っ越しをする事にしたイェジン。イェジンをめぐって、二人の男の心理戦は、益々エスカレートしていく。一方、抱き合わせ商法の予告を始めたビョン社長は、恐ろしい計画によるシンディ(IU)潰しを本格的に始め出し…、睡眠薬を飲んで眠りについたシンディ、明け方、驚いてベッドからガバッと起き上がると、そんなシンディの目の前に繰り広げられた光景とは…!


第12話
予告動画
あらすじ
~長寿番組への理解~
ジュンモ(チャ・テヒョン)とスンチャン(キム・スヒョン)のドッキリカメラに涙を流すシンディ(IU)。 ジュンモは、局長の反対を押し切って、シンディとの撮影をそのまま強行する。 しかし、シンディは、ビョン社長が作った、嘘の出生内容に対する非難で連日、マスコミを騒がせてしまい、芸能活動10年目にして最大の危機に直面するが…。
一方、イェジン(コン・ヒョジン)は、偶然、ある話を耳にし、一晩中、何かを一生懸命探すのだが…真夜中にイェジンからかかってきた電話で走って行ったジュンモが目にしたのは…!


【ランキング参加しています】
☆クリックで、応援お願いいたします。ブログ更新頻度が上がります☆
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

韓国ドラマ ブログランキングへ


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

asiatv

Author:asiatv
韓国ドラマ・中国ドラマを紹介していきます。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
156位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外ドラマ
61位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

お得情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。